大人気!『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』のネタバレはこちら

【ネタバレ:10話】漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」

『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』全話ネタバレ一覧まとめ。全体チェックはこちらから>>

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会うの10話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。
【ネタバレ:9話】漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」【ネタバレ:9話】漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』を読めますよ!

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う【10話】ネタバレ

朝。

窓から漏れる日の光を浴びてレインが眠っています。

その姿を眺めるカナデ。

カナデはそんなレインを眺めながら考えます。

レインはキラータイガーから自分を守ってくれました。

空腹で動けなくなっている自分にごはんを食べさせてくれましたし、優しくしてくれました。

何よりうれしかったのが”ふつうに”接してくれたこと。

カナデは最強種の中でも特に珍しい猫霊族です。

物珍しさから捕獲しようとしたり、レアな自分の周りをうろついていることでおこぼれを期待したり。

欲にまみれた動機でカナデに近づいてくる人間は後を絶ちませんでした。

しかしレインは違った。

レインはふつうにやさしくしてくれて、カナデのことを一人の女の子としてあつかってくれました。

それがカナデにはたまらなくうれしかったのです。

ふっきれたつもりでいても勇者パーティーを追放されたことはレインの中で傷になっているはず。

なんとかレインの心のキズを癒してあげることができればな。

そのようにカナデは考えます。

 

一方その頃、勇者たちはというと迷いの森を攻略するべく夜通しでさまよっていました。

迷いの森は、時間が経つと道が変わってしまうという特性を持ちます。

その名の通り冒険者たちを迷わせてきた森です。

もうかれこれ一週間さまよいっぱなしで不満を口にする魔法使いリーン。

パーティイーの雰囲気は最悪です。

戦士アッガスがつぶやきます。

レインがここに居れば……。

レインの能力なら森を隅々まで探索することができます。

迷いの森も攻略しやすくなるはずです。

しかし勇者アリオスは激しく反発します。

あの無能の手を借りなければならないというのか?

リーンもアリオスに同調します。

あんな無能の手はかりたくないわと。

しかしじゃあどうする?とアッガス。

アリオスはやや考えて策を口にします。

策とは一時的にレインを呼び戻すというもの。

パーティーに復帰させるというわけではありません。

迷いの森を攻略する間だけ利用するというのです。

あのお人よしのことだから、すまなかったとか本心じゃなかったとか適当なことを言えばノコノコもどってくるさとアリオスは言います。

リーンもアッガスもミナも同意します。

こうして勇者パーティーはレインを連れ戻すことにします。

迷いの森を攻略したあとは、また捨てればいいさと。

【ネタバレ:11話】漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」【ネタバレ:11話】漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」

『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』全話ネタバレ一覧まとめ。全体チェックはこちらから>>

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会うを無料で読む方法

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う【10話】のネタバレを紹介しました。

でもこういうネタバレ記事ってライターの文章力のせいで、面白さ半減ですよね。

やっぱりプロの作家さんが描いたもののほうが段違いに面白いです。

そんなときはU-NEXTが便利です。無料登録で600Pもらえるのですぐに1冊漫画が読めます。U-NEXTで無料で読む>>

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う【10話】の感想

レインのことを思いやるカナデとは裏腹に、勇者パーティーたちがレインを利用しようと悪だくみをしています。

この人たち、肩書こそ「勇者」ってことになってますけど性格最悪すぎません?

ザ・悪者って感じのキャラクターしてますよね。

こういう人間ってどこかでつまずくと思うんですよね。っていうかつまずいて欲しい。

つまずいて後ろ指さされながら一生せせこましく肩身の狭い思いをしてもらいたいですね。

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!