• ホーム
  • 水虫治療薬ニゾラールの副作用について調べてみた

水虫治療薬ニゾラールの副作用について調べてみた

2020年03月24日

ニゾラールはイミダゾール系の抗真菌薬となります。こちらもラミシール同様に汎用性が高いことは、カンジダ症や脂漏性皮膚炎も処方されることから明らかでしょう。効果も高く、更には真菌の持つ細胞膜の成分にのみ作用することから副作用が少ないのも特徴です。それゆえに処方薬として一般的に使われているのですが、ニゾラールにだって副作用が全く無いわけではないことは知っておきましょう。もしも疲れやストレスで免疫力が弱まっているならば、皮膚への刺激が強すぎて悪影響を及ぼすこともあります。白癬菌以外の雑菌が影響することもあり、1日1回塗ることとなるのですが入浴後の余計な雑菌を洗い流した時に使用するのが一番です。足の指の間までよく洗って、乾燥させた上で塗るようにしましょう。

塗布時に軽い刺激感はあるでしょうが、それは問題ありません。特に掻き毟って皮膚が荒れているのであればその刺激感はより強いものに、それが我慢できないほどであれば薬剤師に相談して、ローションではなくクリームタイプを処方してもらうようにすれば良いのです。とにかく毎日塗り続けなければならないのですが、あまり面倒だとついつい放置してしまいがちです。

それ以外にも塗ることで痒みや赤み・かぶれといった症状がひどくなるのであれば、それも薬剤師に相談しましょう。痒みや赤み・かぶれというのは接触皮膚炎という病気を起こしているのかもしれません。その薬の成分が皮膚に刺激が強すぎるというわけです、また違った対処法を考えなければなりません。無理して使い続けていると皮膚が弱り、免疫力が低下するので更に白癬菌の増殖を広げてしまいます。更には他の雑菌も入り込んできて違った病気を発症する危険さえ出てくるでしょう。

医師に相談するのはハードルが高いのであれば薬剤師に、とにかく薬や病気に対する知識が豊富な専門家を頼っていきましょう。ただ使用を止めるだけであれば、薬効が消えてしまうのでまた白癬菌が増殖して水虫が悪化するのみです。相談すればまた違った対処法を紹介してくれるはずなので、それで治療を続けていくしかありません。

もしも用法用量を守らなければ副作用の確率は高まります。こまめに塗り続けていれば良いとは言えず、逆に刺激が強すぎるだけです。靴の中でたっぷり汗をかいて菌が増殖したその足に、すぐに塗るようにしていれば効率よく効果を届けることが出来ないでしょう。最近、個人輸入代行業者を通じて海外で出回っているニゾラールを購入し使っているという方も多くなりましたが、その名を語る偽薬も副作用を増やしてしまうだけなので要注意です。

安さよりも個人輸入代行業者の信頼性こそを重視して選ぶようにしましょう。実店舗がないからこそ、インターネットの世界には悪質な商売をするものも多く存在しているものです。副作用が少ないとは言われるニゾラールですが、安心しすぎも禁物です。人の体に影響を与える薬ですから悪影響も紙一重です。