きれいな脚と花
脚にクリームを塗る女性

防御の為には敵を知ることが一番、原因や症状を知る事で水虫感染予防を行いましょう。ただ何となくテレビコマーシャルで見るだけで、違った風にイメージしている方は多いです。決してかゆみだけが症状とは言えず、中年男性にしか発症しない病気ではないのです。特に家族に感染者がいる場合を中心に、未感染者への感染はいつ起こるかは分かりません。まず水虫の症状さえ知らないのであれば、自身が感染していることさえ知らずに放置している方も多くいます。放置しておいてもいつかは治るだろうと信じてそのままにしている方も、白癬菌の侵略は人間の持つ免疫力でも止めることはできず悪化して行く一方なのです。

おじさんの病気として名高い水虫ですが、いまや女性患者も多くなっています。何しろ白癬菌が好むのは皮膚の角質にあるケラチンという成分ですから、全身どこにでも感染しておかしくは無いのです。白癬菌は高温多湿の環境も大好き、通気性の悪い革靴で夏場でも走り回っている男性が感染する病気でした。でも女性のパンプスやブーツにストッキングも危険なもの、それに温泉やスポーツジムなど趣味や自分磨きにと女性が好んで行く場所も菌と皮膚とが接触しやすいという意味では感染の確率は高まります。そういった場所に行くなというのではなく、家に帰ってきたらよく洗って菌を流してしまうことです。足指の間まで忘れず洗って、それを日常とすることで充分予防は可能です。

それでも感染した場合、悪化する前に早期発見早期治療が必要となります。ただ厄介なことに、同じ足水虫でも足指の間かかかや足の裏か、菌が増殖する場所ごとに症状は全く違った物となります。水疱、ひび割れ、かゆみ、これらを感じたら要注意です。たとえば足のふちに出来る小水疱型は、その名の通り小さな水泡が出来るのです。強いかゆみを伴うのでついつい掻き毟っていると水泡は潰れますが、またその隣に発生してきて収まることはありません。よく知られているのが趾間型、足指の間に出来る水虫です。こちらもかゆみがあり、掻くとジュクジュクになるので湿潤型というわけです。

かゆみなどの不快症状があれば何とかしようと薬を塗るようにするでしょう。湿潤型とはまた違った乾燥型水虫の角質増殖型だとかゆみは無く、かかとや足の裏がカサカサになることで変化がわかります。ただかかとなどの乾燥型は単なるお肌の乾燥と受取られる向きがあり、自身が感染しているとは気付かないのです。それだけでなくカサカサをどうにかしようと保湿クリームを塗ったりといった対処法をすることも、多湿状態を好む白癬菌ですから更に悪化を促してひび割れてきてしまうのです。

カサカサになって落ちた角質の中には白癬菌が潜んでおり、たとえ乾燥して乾いても死滅することなく次の感染者を待ちわびています。家族を中心に感染者を広げることならない為にも早く治療を行わなければならないでしょう。

ジュクジュクになったりひび割れたりというのはある程度感染が広がった状態です。そうなる前に初期段階で気が付くには水虫に対する知識を持っておくことです。とはいえそれと良く似た病気も多数あるのは事実で、何らかの変化に気が付いたらすぐに病院に行くようにしましょう。様々な症状ながらも、いずれも抗真菌薬を使えば治る病気です。原因を知れば感染経路を断つ事は可能です。症状を知れば早期発見・早期治療となるのです。家族にも同じ苦しみを味わわせないためにも、敵を知っておくべきです。

いまや若い女性の中にも患者は多くなり、病院に行く方も増えました。恥ずかしいからと放置しておくのはもってのほか、個人輸入という手もありますし何らかの対応はしなければなりません。